PSVitaシステムソフトウェア バージョン3.15 アップデート開始


PlayStation Vita/PlayStation Vita TV システムソフトウェア バージョン3.15 アップデートが2014年4月30日から開始されました。

バージョン3.15で更新される主な機能
(PS4リンク)

  • PS Vita TVに(PS4リンク)‎を追加しました。ホーム画面から起動できます。
    本機を使って離れたところにあるPlayStation®4を遠隔操作するアプリケーションです。PS Vita TVのリモートプレイでは、PS4™に2人まで同時にログインできます。
    •PS Vita TVは、セカンドスクリーンに対応していません。
  • リモートプレイの機器登録(ペアリング)がインターネット経由でできるようになりました。インターネット経由で機器登録すると、番号の入力をせずに自動で機器登録できます。
    •PS4™で機能画面の(設定)>[PSN℠]>[いつも使うPS4として登録する]>[登録する]を選んでおく必要があります。
  • リモートプレイ中のPS Vitaのボタン割り当てを変更しました。
    PSボタンを押し、表示されたツールバーで(ボタンガイド)を選ぶとボタンの割り当てを確認できます。
  • リモートプレイ中にPSボタンを押して表示されるツールバーに(設定)を追加しました。‎スクリーン(タッチスクリーン)や背面タッチパッドに触れたときに操作フィードバックを表示するかどうかを設定できます。
    •PS Vita TVは、この機能に対応していません。

システムソフトウェア バージョン3.15のPS Vita/PS Vita TVでPS4™とリモートプレイをするときは、PS4™のシステムソフトウェアのバージョンを1.70以上にする必要があります。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。