PS4用バーチャルリアリティシステム「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」を発表


1

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、PS4用バーチャルリアリティシステムとして、「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」を開発中であることを発表しました。

バイザースタイルのMorpheusのヘッドマウントユニットを頭部に被ると、プレイヤーの眼前に迫力のある広大な3D空間が出現。ゲームを開始するとヘッドセットユニットに内蔵された加速度センサーならびにジャイロセンサーに加えて、PlayStation Cameraがプレイヤーの頭部の動きや位置を正確に検知し、コントローラーで操作することなくプレイヤーの意のままに映像が360度全方向にリアルタイムに変化。これによりプレイヤーはあたかもゲームの仮想世界の中に入りこんでいるかのような体験が可能。また、PlayStation Move(PS Move)モーションコントローラを使用するゲームでは、例えば映像内にプレイヤーの手と剣などの武器を再現し、それらを自在に動かしながら闘うなどのアクションを実現。

 さらに音響面ではSCE独自の3Dオーディオ技術を採用。Morpheusは、前後左右からの音に加えて、上空を旋回するヘリコプターの飛行音や階段をのぼってくる足音など、上下からの音も、プレイヤーの頭部の向きに対応してリアルタイムに変化します。360度に広がる世界の中に立体的な音響効果も加わって、さらなる臨場感をゲームプレイにもたらすとのこと。


コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。