『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』、国内発売日が6月5日に決定


ゼニマックス・アジアは、アクションシューター『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』の発売日を PlayStation 4/PlayStation 3/Xbox360版を、2014年6月5日に発売する事を決定した。価格はPlayStation 4版が7,800円、PlayStation 3/360版が6,800円。

以下はプレスリリースより。

【ゲーム概要】
第2次世界大戦後のパラレルワールド、史上最凶の支配から自由を取り戻せ!
これまでの王道的シューター要素と、革新的要素が融合した異色のアクション・シューター『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』。個性的なキャラクターや重厚なストーリー、作り込まれた世界観、手に汗握るかつてない豪快なゲームプレイが、満を持して登場!

■歴史の“if”がファンタジックに描かれるストーリー
舞台は1960年代のヨーロッパ。第2次世界大戦でナチスドイツは謎の高度技術を用いて枢軸国側に勝利をもたらし、その勢いのままに世界を征服した。プレイヤーは、弾圧政治を敷く“最凶の軍隊”に立ち向かう1人の男、アメリカ人の兵士・B.J.ブラスコヴィッチとして、再び自由を取り戻す為、立ち上がるのだ。

■新旧の要素を凝縮した新世代アクション・シューター
本作は、敵がドロップするアイテムや弾薬を回収し回復や補充を行う、“ライフ&アーマー”制を採用。待機による体力回復は最低限にとどまるため、戦略的かつ能動的に動き、敵を撃破していく。個々の敵との応戦もさることながら、ステージ全体を見越した攻略方法が求められる。巨大なガードロボットやパワードスーツの歩兵には、物陰に隠れつつ、スキを見て移動や攻撃を行うことも重要。対峙する敵に合わせたプレイスタイルで臨機応変に対応し、屈強な敵の攻撃を突破。

その他にもアクション性豊かなカーチェイスや戦闘機の操縦、ダブルマシンガンでの攻撃をはじめとする豪快なシューティング体験は、精緻に描かれたステージや敵の姿もあいまって非常に爽快。さらに、ナチスの基地から彼らの独自技術が搭載された武器を奪って使用することもできるため、現実に存在する銃火器から、SF的な兵器まで、さまざまな武器を扱い、ステージをクリアしていく楽しさを味わえる。

■重厚に作り込まれた世界観にも注目
独特で骨太なストーリーとシステムで構築されている『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』 。そこに、細部までこだわって作り込まれた世界観と美麗なグラフィックが相まってさらなるアリティを与えている。衣装やメカデザインといった舞台装置にも注目だ。
手に汗握るダイナミック・バトルが待ち受ける「if」の世界で、待った無しの怒涛の攻撃が、今始まる!

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。