PS4クリエイターインタビュー、『METAL GEAR SOLID Ⅴ』の小島秀夫監督が登場


PlayStation 4インタビュー映像シリーズ「Conversations with Creators」にて、『METAL GEAR SOLID Ⅴ: GROUND ZEROES』『METAL GEAR SOLID Ⅴ: THE PHANTOM PAIN』より小島秀夫監督が登場した。

■『METAL GEAR SOLID Ⅴ: GROUND ZEROES / THE PHANTOM PAIN』とは?

リアリティあふれる世界観や物語、独自性のあるゲームシステムなどで世界中のゲームファンから人気を集めているステルスアクション『メタルギア』シリーズ。その生みの親である小島秀夫監督が、ゲームデザイン・監督・脚本・プロデュースを手掛ける『METAL GEAR SOLID Ⅴ: GROUND ZEROES』は、シリーズ最新作として開発されている『METAL GEAR SOLID Ⅴ: THE PHANTOM PAIN』のプロローグにあたる作品だ。

敵地に潜入し、兵士の警戒網をかいくぐって任務を達成する『メタルギア』シリーズのゲーム性は
『MGSⅤ』で大きな進化を遂げる。潜入から脱出までの方法をすべて自分で考えるという、これまでにない“自由”かつ“リアル”な潜入任務——。『MGSⅤ:GZ』では、新システムの一部を取り入れたミッションで進化したステルスアクションを先行体験できる。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。