『YAIBA:NINJA GAIDEN Z』、発売日が3月27日に変更


コーエーテクモゲームスは、プレイステーション3/Xbox 360用ソフト『YAIBA:NINJA GAIDEN Z』の発売日を2014年3月6日から、3月27日に変更されたことを明らかにした。

延期の理由について同社は「さらなるクオリティーアップのため」とのこと。

商品イメージYAIBA: NINJA GAIDEN Z【CEROレーティング「Z」】
発売日:2014-03-27
参考価格:¥ 6,643



Team NINJAとcomcept 稲船敬二が贈る「忍者」×「ゾンビ」スラッシュアクションゲーム

己の目的遂行のために利用できるものは何でも利用する、
ダーティで残忍なサイボーグニンジャ、「カミカゼ・ヤイバ」。
ゾンビがアウトブレイクした東欧の土地で、ゾンビの群れに切り刻む。
時には、ゾンビすらも武器として利用し、狂気まじりに暴れまわる
前代未聞の主人公を描いたスラッシュアクションゲームが登場。

■「カミカゼ・ヤイバ」の武器

主人公「カミカゼ・ヤイバ」の武器は、忍者刀を逆手に繰り出す素早いスラッシュ攻撃に加え、
手術により、「サイボーグアーム」となったヤイバの左腕を利用し、強力なパンチ攻撃でゾンビを粉砕する事ができる。
さらには、腕から伸びるチェーンで周囲のゾンビをなぎ倒す「チェーンアーム」は、集団との戦闘に重宝する。

■ゾンビ武器を作り出す「ハーベスト」

ゾンビを掴み、その四肢を引きちぎって武器として利用することができる。
引きちぎった敵をヌンチャクにして振り回したり、胆汁が詰まった臓器から出てくる
酸の体液を銃のように飛ばしたりと、まさにヤりたい放題。

■オリジナリティを追求したコミック表現

ゲーム中のすべてのシーンが、まるでアメリカンコミックのワンシーンのごとく描かれている。
また、あちこちにクスりとくるジョークが盛り込まれており、大マジメに自分の目的を遂行する
主人公「カミカゼ・ヤイバ」とのギャップと相まって、独自の世界観を表現している。

■ゲーム内モードの枠を超えた、もうひとつのゲーム「NINJA GAIDEN Z」

本作には、特定の条件を満たすことで、3D横スクロールアクション『NINJA GAIDEN Z』がプレイできる。
破天荒なストーリーがレトロな演出によって、新たな主人公「カミカゼ・ヤイバ」を中心に繰り広げられる。
ファミコン版「忍者龍剣伝」風のシネマ演出が、いま蘇る。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。