プレイステーション 4が世界累計実売420万台を達成


ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション 4が、2013年12月28日時点で全世界の実売が累計で420万台を超えたことを発表した。

PS4ソフトウェアの売り上げも、販売店およびPlayStation Storeでの累計実売本数が、970万本。また、PS Plusの会員数は、90%以上の伸びを記録。

代表取締役 社長 兼 グループCEO アンドリュー・ハウス
「PS4™の勢いは加速し続けており、並外れた没入感、ネットワークを通じて提供されるエンタテインメント、そしてソーシャルとの連携によるまったく新しいゲーム体験を世界中のユーザーの皆様に存分にお楽しみいただいていることを、大変嬉しく思います。おかげさまで力強いスタートを切ることができましたが、引き続きユーザーの皆様のご支持にお応えすべく今年も魅力的なコンテンツを続々とお届けするとともに、PlayStation™Nowを含む、新たな機能やサービスを追加しPS4™を進化させてまいります。」


コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。