PS3『テイルズ オブ ゼスティリア』、統括プロデューサー 吉積氏のコメントが到着


バンダイナムコゲームスは、「テイルズ オブ」シリーズ最新作となるPS3用ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』にて、統括プロデューサー 吉積 信のコメントを公開した。

■20周年記念タイトル『テイルズ オブ ゼスティリア』
本作では“ゼスティリア(Zestiria)”の語源となる“Zest(情熱・熱意)”をテーマに壮大なストーリーが展開します。
キャラクターデザインはこれまでのシリーズタイトルのキャラクターを手がけてきた4 名のデザイナー(いのまたむつみ氏、藤島康介氏、他2名)が担当。また、『テイルズ オブ』シリーズの顔とも言える美しいアニメーションムービーは前作でもハイクオリティと評されたufotable(ユーフォーテーブル有限会社)が担当、20 周年の節目にふさわしい制作陣で臨みます。

『テイルズ オブ』シリーズ 統括プロデューサー 吉積 信のコメント
『テイルズ オブ』シリーズが2015年に20周年を迎えます。いつも応援してくださっている皆様に心から御礼申し上げます。

20年前に「テイルズ オブ ファンタジア」を発売した時にはまさかこうしてシリーズ20周年記念タイトルを制作できる日が来ようとは思ってもみませんでした。振り返ってみますと、その都度“遊んでくださるお客様が心から喜んでいただけるものは何か”を一生懸命考えながらこれまで生み出すことを続けてきたに過ぎませんが、このように続けてこられたのは長い間支持していただいた多くのお客様、そして支えていただいた関係者の皆様のおかげです。
ここ数年では、国内のみならず海外からもシリーズへの期待の声をいただけており、大変な喜びとともに、さらなる可能性もひしひしと感じております。 そうしたことから、20周年記念タイトル「テイルズ オブ ゼスティリア」は全世界に向けて展開することを発表させていただきました。

本作は“原点回帰”を合言葉に、『テイルズ オブ』で何を皆様に伝えていきたいのかを改めて見つめ直し制作を進めております。 “これこそが『テイルズ オブ』だ!”と胸を張って言える作品にしてお届けしてまいりますので、どうぞご期待ください!

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。