『コール オブ デューティ ゴースト』、海外版との仕様の違いを公開


スクウェア・エニックスは、2013年11月14日に字幕版の発売を予定している『コール オブ デューティ ゴースト』において、海外版との仕様の違いを公開した。

[字幕版](PlayStation®3、Xbox 360®、Windows®、Wii U™)
2013年11月14日(木)発売予定
年齢別レーティング(CERO): D(17歳以上対象)

[吹き替え版](PlayStation®3、Xbox 360®)
2013年12月12日(木)発売予定
年齢別レーティング(CERO): D(17歳以上対象)

[言語について]
字幕版(プレイステーション 3, Xbox360, Wii U, Windows)
音声:英語
字幕:日本語

吹き替え版(プレイステーション 3, Xbox360)
音声:日本語
字幕:日本語

[米国版からの変更内容]
暴力、残虐、犯罪等の表現について、日本版と米国版に差異は発生しない見込みです。ただし、米国版、日本語版ともに現在も開発中のため、最終的に差異が発生する可能性がございます。その際は本ホームページ等で速やかに発表いたします。

※PlayStation®4版、Xbox One版の年齢別レーティングは現在未定です。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。