『FF14:新生エオルゼア』、パッケージ版の出荷制限とダウンロード版の販売制限を継続


スクウェア・エニックスは、8月27日より正式サービスを開始した『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』において、ダウンロード版の販売制限継続と、パッケージ版の出荷制限を継続することを発表した。

パッケージ版の出荷制限とダウンロード版の販売制限継続について

これまでの接続状況、ログイン率、プレイ時間の計測により、これ以降もお客様のログイン混雑が予測されるため、開発チーム、運営チームでは、更なる大規模な運営体制の強化を最優先事項として作業中です。

現在既にご購入いただいているお客様の混雑解消を最優先に考え、先日お伝えしたダウンロード版の販売制限を引き続き継続し、さらにパッケージ版の出荷についても出荷数を調整させていただいております。

この出荷数調整、ならびにダウンロード版の販売制限は、次週に予定しております運営規模拡張以降、お客様のプレイ状況を確認の上で、制限解除などを検討させていただきます。
ご購入を検討されているお客様、ならびに流通関係各位様には、ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。