MMORPG『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』、最大同時接続数が32万5000人を記録


スクウェア・エニックスがサービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』において、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏は、現時点での最大同時接続数が32万5000人を記録していることを明らかにした。

また、今後の計画として、新規ワールドの大幅追加、コンテンツファインダーグループの3分割化、コンテンツワールドの増強を来週に予定しており、詳細な日付については週明けにお知らせするという。

また、ログイン中の離席が長くなった場合、自動的にログアウト処理が行われる処理の実装を予定。

そのほかには、キャラクターワールド移転サービスの開始、PlayStation4版リリース対応、販売強化戦略を行い、全体の事業規模を現在の想定からさらに大きく引き上げることを計画中とのこと。

新生FFXIVプレイ環境の増強について続報
http://forum.square-enix.com/ffxiv/threads/82640?p=1196145#post1196145

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。