『グランツーリスモ6』、コラボレーションプロジェクト「Vision Gran Turismo」を発表


img-01514

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、12月5日に発売を予定しているPlayStation 3用ドライブシミュレータ『グランツーリスモ6』と世界の自動車メーカーやグローバルブランドとの新たなコラボレーションによるプロジェクト「Vision Gran Turismo」を発表した。

本プロジェクトでは、各メーカーのデザイン部門が『グランツーリスモ6』のためにコンセプトモデルを開発し、ゲーム上での走行が可能になるというもの。

参加メーカー

アルファロメオ
アルピーヌ
アストンマーティン
アウディ
BMW
ベルトーネ
GMデザイン
ホンダ
インフィニティ
イタルデザイン
ジウジアーロ
ジョーダン(スポーツウェア)
メルセデス・ベンツ
ナイキ
日産
プジョー
SRT(クライスラー)
フォルクスワーゲン
ザガート

参加メーカーからのコメント

エイドリアン・ファン・ホーイドンク:
BMWグループデザイン上級副社長
「『グランツーリスモ』とBMWは、現在のクルマ、そしてクラシックカーの両方に対する情熱的な遺伝子を共有しています。私は、『グランツーリスモ』を最初期から知っています。『グランツーリスモ6』におけるビジュアル面でのリアリティ向上や、本物のドライビング体験は、信じられないほどすばらしいです」

アンドレアス・クリストフ・ホフマン:
BMWブランドコミュニケーション副社長
「『Vision Gran Turismo』は、このゲームのためだけに革新的な方法で開発したBMWのデザインビジョンを表現するための非常にクリエイティブなチャンスです。『グランツーリスモ』シリーズの15周年を記念した、ポリフォニーとソニーへの私達なりのお祝いです」

ルーダー・フロム:
グローバルマーケティング・コミュニケーション長 メルセデス・ベンツ乗用車部門
「若くて現代的なターゲットユーザーに、エモーショナルなレベルでリーチするためにはビデオゲームは最適です。
レーシングゲームというジャンルにおけるベンチマークを確立し、絶対的な評価を得ている『グランツーリスモ6』は、新しいコンセプトメルセデス・ベンツのスーパースポーツカーのインタラクティブな体験のための完璧なプラットフォームです。このコンセプトカーが、何百万人もの世界の『グランツーリスモ』ファンにインスピレーションを与えることを確信しています」

クラウス・ビショフ:
フォルクスワーゲンデザイン・ディレクター
「『Vision Gran Turismo』プロジェクトは、究極のアイデアを出し、フォルクスワーゲンGTIのデザイン要素を可能な限りビビッドに、ダイナミックに、エモーショナルに描き出すための素晴らしい機会を与えてくれました。これから進んでいく失敗の許されないデザインや、細部へのこだわりは、フォルクスワーゲンGTIというブランドと『グランツーリスモ』に共通する高い基準を反映したものになります。ゲーマーの皆様が、他に類を見ないGTIワールドのバーチャル体験ができるような一台をつくることを楽しみにしています」

「グランツーリスモ」シリーズ:
プロデューサー:山内一典
「15年前に最初のグランツーリスモを発表して以来、『グランツーリスモ』(以下「GT」)は世界中のリーディングブランドと共鳴し、たくさんの異なる、そして素晴らしいコラボレーションを実現してきました。このプロジェクトに参加していただいたパートナーのみなさんからGTの15周年を記念してすばらしいプレゼントをいただき、たいへん喜んでいます。自動車デザイン分野におけるトップの方々や、業界外のデザイン部門のエースと近くでお仕事させていただけることは貴重な体験で、なおかつ名誉なことです。
また、クルマへの深い愛情に満ちた、このプレゼントをGTのファンの全員と分かち合えることに、心から興奮しています。」

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。