PS4、年末までに33本のタイトルが発売


ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、プレイステーション4(PS4)を、カナダ、および米国にて11月15日より、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、および英国にて11月29日よりそれぞれ発売する。ラテンアメリカについても11月29日よりアルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、メキシコ、パナマ、ペルーの10カ国にて発売される。

本体の発売から年末までの間に、世界中のソフトウェアメーカー各社様及びSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)からBlu-ray Discで15タイトルが、さらにダウンロード専用タイトルとあわせると計33タイトルが発売される。

NBA 2K14
Call of Duty: Ghosts
Skylanders Swap Force
Need for Speed: Rivals
Battlefield 4
Madden 25
FIFA 14
NBA Live
Killzone: Shadow Fall
#DRIVECLUB
Knack
Assassins Creed Black Flag
Watch_Dogs
Just Dance 2014
LEGO Marvel Superheroes

また、上記タイトル以外『Destiny』、『Diablo® III』、『Mad Max ©』、『Witcher 3』、『The Division』、
『Dragon Age』などに加えて、SCE WWSの『Shadow of the Beast』、『The Order:1886』、『inFamous™: Second Son』、『Rime』、『Hell Divers』、『Everybody’s Gone to The Rapture』、『Resogun™』など、各種タイトルの制作が進行しており、現在180本を超えるタイトルがPS4向けに続々と発売される予定。インディーズ(独立系)をはじめとした幅広いゲーム開発者様からご賛同いただき、参入表明をいただいた開発会社様は2013年6月に発表した約500社から、620社に拡大。

さらにSCEは、PS4専用タイトル『プレイルーム(THE PLAYROOM)』を、全てのPS4™にインストールいたします。『プレイルーム』にはタッチパッドやライトバーなど多彩な機能を備えたDUALSHOCK4ワイヤレスコントローラーの利用方法を説明したチュートリアルが含まれている。さらに、PS4専用カメラPlayStation Cameraを持っているユーザーは、拡張現実(AR)の技術を活用し、画面上に映し出されたロボット型キャラクターと触れ合えるコンテンツ「ARボット」および「ASOBIとあそぶ」や、DUALSHOCK 4ワイヤレスコントローラーの動きにあわせ、コートを自在に変形させながら得点を競い合うことができるエアーホッケーゲーム「ARホッケー」などを楽しめる。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。