PlayStation Plusが使いやすく。PlayStation Vita システムソフトウェア バージョン2.60へのアップデートを開始


img-01406

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、本日2013年8月6日よりPlayStation Vita(PS Vita)のシステムソフトウェア バージョン2.60へのアップデートを開始した。

システムソフトウェア バージョン2.60では、オンラインストレージへのセーブデータのアップロードやダウンロードがLiveAreaから行えるようになるとともに、タイトルごとのセーブデータの自動アップロード設定が簡単にできるようになるなど、PlayStation Plusの各種機能がより使いやすくなっている。

また、PS Vitaと同一ネットワーク上に接続されている機器(PlayStation 3、パソコン、nasne(ナスネ))に保存された[ビデオ]や[ミュージック]のコンテンツを、PS Vitaにコピーしなくても再生できるように。さらに、ホーム画面や[ブラウザー]でPS Vita本体ボタンの操作性がさらに向上するなど、様々な機能追加や改善が行われている。

アップデートで更新される主な機能

PlayStation Plus
・それぞれのアプリケーションのLiveArea™でPlayStation Plusアイコンを選択することで、オンラインストレージへのセーブデータのアップロードやダウンロードがより簡単にできるようになりました。
・[コンテンツ管理]でオンラインストレージ接続時に[セーブデータ自動アップロード]設定を追加し、タイトル毎のセーブデータの自動アップロード設定方法を分かりやすく改善しました。
※これらの機能をご利用いただくにはPlayStation Plusへの加入が必要です。

ミュージック / ビデオ
・同一ネットワーク上に接続されている機器(PS3、パソコン、nasne(ナスネ))に保存された[ビデオ]や[ミュージック]のコンテンツを再生できるようになりました。
※[ミュージック]の再生にはメモリーカードが必要になります。
※再生できるファイルには制限があります。
※ PS3はUSB接続にのみ対応しております。
※ 「nasne(ナスネ)」はWi-Fi接続にのみ対応しております。
※パソコンのコンテンツ管理アシスタント for PlayStationのバージョンを最新版にしておく必要があります。

システム
・PSボタンを押したままにして表示されるメニューに、ネットワークの設定項目が追加されました。
・PS Vitaの本体ボタンでホーム画面の編集ができるようになりました。

ブラウザー
・PS Vitaの本体ボタンで、Webページ上のリンク先を選択できるようになりました。
・Webページ上の動画をストリーミングで再生中に、画面や字幕など再生時の設定を変更できるようになりました。

設定
・[設定]に[周辺機器]が新たに追加されました。これに伴い、[Bluetooth設定]が[周辺機器]に移動しました。

PlayStation規格ソフトウェア/PSP Game
・PlayStation®規格ソフトウェアやPSP Gameのメニュー表示方法を、「PSボタンを長押しする」に変更しました。(「スクリーンのタッチアンドホールド」でメニューは表示されません)

トロフィー
・[設定]の[PlayStation Network]>[プライバシー設定]に[トロフィーを公開する]を追加し、トロフィーの獲得情報の公開範囲を設定できるようになりました。
・[トロフィー]で、ゲームタイトルごとにトロフィーの公開設定ができるようになりました。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。