『Dead Island: Riptide』、海外版との差異についてを公開


img-01115

スパイク・チュンソフトは、7月11日に発売を予定しているPlayStation 3/Xbox 360『Dead Island: Riptide』において、海外版との差異を公開した。

  • ゾンビの内蔵部分の色味変更
  • オンライン協力プレイモードの日本エリア限定マッチング
  • 前作『Dead Island』のセーブデータ読み込み機能非対応
  • 前作『Dead Island』のセーブデータからキャラクターのレベルを引き継ぐ機能(海外版)

商品イメージDead Island: Riptide 【CEROレーティング「Z」】
発売日:2013-07-11
参考価格:¥ 5,947


楽園ゾンビ再び―。

無数のゾンビたちがうごめく混沌の地から生き延びるため、
オープンワールドの島を探索し、ゾンビと戦いながら脱出を目指せ!
RPG的要素や武器の製作、仲間との協力プレイなど、その特徴的なゲームシステムを
さらに進化させ、新しいキャラクター、ゾンビ、武器といった要素を追加!
新たな舞台である「パラナイ島」で、再びゾンビアウトブレイクの恐怖が襲いかかる―。

【ストーリー】
突如発生したゾンビアウトブレイクにより、地獄と化した南国の楽園、バノイ。
極限のサバイバルのなか、シアン、プルナ、ローガン、サム・Bの4人は命からがら島からの脱出に成功する。
しかし、軍の船に救助されたのも束の間、彼らの運命を翻弄するかのようなリップタイド(荒波)が船を襲う。
逃れられぬアウトブレイクの脅威にまたも飲み込まれる主人公たち…。
バノイ諸島には幾つもの島があり、主人公たちが辿り着いたパラナイ島もその一つであった。
混沌に浸食された島に待つ絶望と主人公たちは戦い、打ち勝たなければならない。

【特徴】
◯水面から迫り来る腐乱ゾンビの恐怖
主人公たちが流れ着いた島は、モンスーンの影響でいたるところが水没。
水面に浮かぶ腐乱死体がゾンビとなって主人公たちを襲ってくる。
建物やフィールドの高低差を活かした戦略的な攻撃、さらに新乗り物「ボート」を使い死地から生還せよ!

◯新たな免疫保持者が登場
今作では新たに元軍人である「ジョン・モーガン」が登場。前作の4人にはない新しいスキルを持っており、
4人の主人公たちにも新たなスキルが追加されている。

◯進化したゲーム要素
今作は、ハブディフェンスモードといった新ミッションや武器熟練度システムの追加、
新種の変異ゾンビ、新しい武器・設計図などの新要素が追加され、大幅に進化!
また、前作で好評だったオンライン協力モードも引き続き搭載。
恐怖や臨場感を仲間と共有しつつ、共闘して島からの脱出を目指せ!

◯すべてのダウンロードコンテンツを収録
海外で配信されたダウンロードコンテンツ「サバイバーパック」と「ファッションパック」を収録。
サバイバーパックはBBQブレード(ナイフ)、経験値とステータスのブーストなどが、
ファッションパックは主人公たちの別服装が付きます。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。