LQ-84iが主役。『メタルギア ライジング リベンジェンス』、DLC第3弾を5月9日に配信


1
コナミは、発売中のプレイステーション3用アクション「METAL GEAR RISING REVENGEANCE」の第3弾ダウンロードコンテンツ「BLADE WOLF」を5月9日から配信することを発表した。価格は1,000円を予定。

【ダウンロードコンテンツ第3弾「BLADE WOLF」ストーリー】
戦闘用AIとしての欠陥を指摘されて開発中止となり、封印されていたはずの対話インターフェイス搭載型無人機「LQ-84i」。デスペラード・エンフォースメント社のリーダー、サンダウナーの気まぐれにより再起動した「それ」は、上官であるミストラルの寵愛を受け、アブハジアでのクーデター計画に投入されることに……。

現在は「ブレードウルフ」と呼ばれる「彼」が、雷電と出会う以前の出来事を描く。

1
【新キャラクター「カムシン(Khamsin」】
デスペラード・エンフォースメント社に所属する、規格外のサイボーグ。元海兵隊員で、湾岸戦争で初陣を飾り、「砂漠の剣」作戦の成功に大きく貢献。任務に忠実な兵士だったが、融通の利かない性格が災いし、イラク戦争の際に部隊内部でトラブルを起こし除隊。以降、PMCコントラクター(契約兵士)となり、サイボーグとなってからは収入の大部分を自らの強化に費やしてきた。その巨大なボディは一般的なサイボーグの概念から外れ、大型歩行兵器の領域に達している。メインウェポンである刃の部分がチェーンソーとなった巨大な斧は非常に重く、その巨体をもってしても振り回すことは容易でないが、ジェット噴射機構により重さをカバーしてスピードを上げている。“破滅を呼ぶ風(ウィンズ・オブ・デストラクション)”の3人に次ぐ戦闘能力の持ち主で、アラビア半島に吹く砂嵐「カムシン」のコードネームを持つ。CVは小山力也さん。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。