『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』、「ワーグ」「セイレーン」など5体のモンスターを紹介


2013年4月25日に発売を予定しているPS3/Xbox360用ソフト『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』にて、黒呪島に潜む新たなモンスター5体を紹介。

爛れた毛皮の毒狼 ワーグ Warg

蒼黒いまだら模様の毛皮を持つ小型の獣。
噛みついた対象を毒で弱らせ、群れを成して襲い掛かる。
単体では比較的戦い易いが、俊敏な動きと集団での噛みつき、毒攻撃は決して油断できない。

1

美しき魔物の癒し手 セイレーン Siren

美しい女性の姿と声、魚のヒレに似た空色の翼膜を持つ魔物。
癒しの歌を唄い、その歌声には他の魔物を癒す効果がある。
さらに、複数体による歌声は魔物の回復量を増大させる。
他の魔物と同時に出現した場合、早めに倒さなければ延々と戦うことになるだろう。

2

瘴気に冒された黒き戦徒 さまよえる戦徒 Wander Warrior

主を失い、黒呪島の呪力に冒されたポーン達の成れの果て。
主を求めてさまようものの、本来の意識や目的は失われ、島に踏み込んだ覚者達に刃を向ける危険な存在と化してしまった。
ファイターの他に遠距離から強力なスキルや補助を放つメイジ、ストライダーも存在する。

3

呪いを振りまく怨霊 レイス Wraith

死者の怨念と、この島の淀んだ気が混じり合い生まれた悪しき霊。
呪いの魔力を蓄えながら、生者の命を求めて漂っている。
霊体で物理攻撃が一切効かない。
憑依攻撃を受けると体力が吸収され、その状態で死亡すると地面に引きずりこまれてしまう。
憑依されないよう遠距離から魔法攻撃主体で戦うことが重要だ。

4

宝箱に潜む危険な罠 マンイーター Maneater

宝箱に潜み、開く者を待ち受ける黄金の魔物。
獲物がかかると、頭から丸呑みにし、その生命力を吸い尽くしてしまう。
死の魔法など危険な術も使用する強敵。
倒すと大きな見返りも・・・!?

5

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。