『RACE DRIVER GRID 2』が2013年夏に発売が決定


コードマスターズは、日本国内でもPlayStation3/Xbox 360用ソフト『RACE DRIVER GRID 2』を、2013年夏に発売することを発表した。

以下はプレスリリースより。

『RACE DRIVER GRID 2』は、マシンを自由に操る喜びやレース中に味わう爽快感など、車で走る楽しさを表現することに徹底的にこだわった、オンロードレースゲームです。ダメージ表現やAIの挙動、巻き戻し機能「フラッシュバック」などがご好評をいただきました人気作『RACE DRIVER GRID』※1の作風はそのままに、技術などのあらゆる面でさらに進化を遂げ、新要素を盛り込んだ、同シリーズ最新作です。

プレイヤーは、『RACE DRIVER GRID』の醍醐味である、攻めの高揚感を味わいながら、最速の称号、首位の座、名声を手に入れるべく、アメリカ・ヨーロッパ・アジアの3大陸にわたって繰り広げられるし烈なレースに参戦します。
本作では、40年の歴史に名を刻む名車を駆り、新技術「TrueFeel™」ハンドリングシステム(実際のマシンを操作した際の感触をゲーム内で再現する処理技術)が生み出す最適な操作感で、個性豊かなレースをお楽しみいただけます。さらにマルチプレイヤーモードでは、最大12人でのオンライン対戦や最大2人での画面分割で楽しめます。
レースの一戦一戦が放つ独特の雰囲気やそこで生まれるドラマなど、”レースで体感するすべて”をまるで実体験しているかのような”手触り”で味わえます。

主な特長
●アルファロメオ ジュリエッタやメルセデス ベンツ SL65 AMGなど、クラシックからモダンまで、自動車の歴史に名を残す、最高クラスのマシンを収録

●レッドブル・リンクやパリの市街地などの魅力的なロケーションをはじめ、アメリカ・ヨーロッパ・アジアの3大陸を舞台に、公式レースで使用されるサーキットや市街地、険しい山道など、多種多様な開催地で究極のレースに挑戦

●「TrueFeel™」ハンドリングシステムにより、アーケードゲームのような誰でも遊べる手軽さとシミュレーターのような挑戦し甲斐のあるリアルさの間の、絶妙なバランスによる操作感を実現

●プレイヤーは、新人ドライバーとなって小さなレースから実績を上げ、華々しい超大型レースに参加するといった、スターダムにのし上がるまでの栄光の軌跡を丸ごと体験可能

●マルチプレイヤーモードでは、画面分割にも対応

●オンラインでは、独自の進行システムの下、条件などをカスタマイズしたオリジナルのレースに参戦でき、またRaceNetのコミュニティイベントにも対応

●進化したEGOエンジンにより、マシンや景色の緻密な描画はもちろん、すさまじいダメージ表現なども驚異的にパワーアップ。さらに、映画のようなカメラワークやコースを煌びやかに彩るライティング、生々しいノイズなど、臨場感あふれるレースの空気感をも再現

●進化したAIとの緊迫した接戦の模様を、ドラマチックに演出されたリプレイで何度でも楽しむことが可能に

※1『RACE DRIVER GRID』について
『RACE DRIVER GRID』は、レースそのものの楽しさを凝縮したレースゲームです。プレイヤーは、名車を駆り、ヨーロッパやアメリカ、日本を舞台に、各地の特徴を活かしたサーキットや市街地、峠でのレースを戦い、トップの座を目指します。本作では、自社開発の『EGO』エンジンによって、美麗なグラフィック、緻密なダメージ表現やマシンの挙動が再現されているだけなく、チームの育成要素やカーデザインのカスタマイズといった、雰囲気を盛り上げる仕掛けが満載です。また時間を巻き戻せる画期的な機能「フラッシュバック」も搭載し、気軽にレースに参戦することができます。本作は、2009年度英国アカデミー賞のビデオ・ゲーム部門にて『ベスト・スポーツ・ゲーム賞』を受賞しました。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。