『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』、発売日が5月16日に延期


2013011501.jpg
MAGES.は、PlayStation 3およびXbox 360用ソフト『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』の発売日を2013年2月28日から5月16日に延期することを発表した。


延期の理由については、調整に時間がかかっている為とのこと。

商品イメージマブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス(通常版)
発売日:2013-02-28
参考価格:¥ 5,836


西暦2001年、日本帝国では次期主力戦術機の開発に行き詰まりを見せていた。
そこで、第3世代戦術機・不知火を、米国との協力体制下で改修する「XFJ計画」が提案され、
帝国斯衛(このえ)軍・篁 唯依(たかむらゆい)中尉が責任者に任命された。

純国産での開発にこそ価値を見出していた唯依は、不安と不満を抱えながら、
開発が行われるアメリカ合衆国・アラスカ州ユーコン基地に赴くのだった。

同じ頃、米国軍のユウヤ・ブリッジス少尉もまた、ユーコン基地に向かっていた。
彼は「XFJ計画」のメイン・テストパイロットに抜擢されたが、
不幸な出生ゆえに日本を憎んでおり、大きな不満を抱いて計画に参加する。

当然のごとく、ふたりの間には激しい確執が生まれ、計画の遂行に暗雲が立ちこめた。
これを乗り越えなければ、日本に未来はないのだが――

滅亡の危機に瀕した地球を舞台に、
新型戦術機の開発をめぐる、熱き人間たちのドラマが今始まる!


コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。