『龍が如く5』、国内出荷本数が50万本超え。シリーズでは全世界出荷本数が累計で600万本を突破


セガは、2012年12月6日に発売したPlayStation 3専用ソフト『龍が如5 夢、叶えし者』の国内出荷本数が50万本を超え、『龍が如く』シリーズの全世界出荷本数も累計で600万本を突破したことを発表した。

2012年12月6日に発売しましたPlayStation®3専用ソフト『龍が如く5 夢、叶えし者』の国内出荷本数が50万本を超え、『龍が如く』シリーズの全世界出荷本数も累計で600万本を突破いたしました。
『龍が如く』シリーズの第一作は、2005年12月に発売したPlayStation®2専用ソフト『龍が如く』で、大人に向けたエンターテインメントとして大きな話題を呼びました。骨太な人間ドラマを描いたシナリオや、今までのゲームでは考えられなかった豪華キャスト陣の参加、そして巨大歓楽街”神室町”を舞台に、数多く散りばめられたサブストーリーやプレイスポット、さらに迫力満点のケンカバトルなどにより、廉価版と合わせて100万本を突破するという大ヒットを記録しました。
翌2006年12月にPlayStation®2専用ソフト『龍が如く2』、2008年3月にPlayStation®3専用ソフト『龍が如く 見参!』、2009年2月26日にPlayStation®3専用ソフト『龍が如く3』、2010年3月18日にPlayStation®3専用ソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』、2010年9月22日にPSP®「プレイステーション・ポータブル」専用ソフト『クロヒョウ 龍が如く新章』、2011年6月9日『龍が如く OF THE END』、2012年3月22日にPSP®「プレイステーション・ポータブル」専用ソフト『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』とシリーズを重ねるごとに様々なチャレンジを行い、人気シリーズとしての地位を確立しました。
最新作『龍が如く5 夢、叶えし者』は、シリーズの主人公である『桐生一馬』をはじめ、それぞれ異なる”四人の男と一人の少女”が主人公として登場。さらに、哀川翔さん、大東駿介さん、片瀬那奈さん、吹越満さん、徳重聡さん、奥田瑛二さん、という豪華俳優陣が魅力あるキャラクターたちを演じ、全国5大都市を舞台に壮大なスケールで描かれる”夢”をテーマとした熱き人間ドラマが展開します。また基本システムから刷新した”新生ケンカバトル”や主人公たちの今を深く掘り下げる新たな遊び”アナザードラマ”などあらゆる面で様々な進化を遂げております。タイアップ企業はシリーズ最多を更新。氷室京介さんによる楽曲提供や、人気シェフ・川越達也さんがゲスト出演するなどシリーズファンはもちろん、シリーズ未経験者でも最高に楽しめる極上のエンターテインメント作品となっています。
弊社は、今回の50万本突破を通過点とし、今後も『龍が如く5 夢、叶えし者』の拡販に取り組んでまいります。

[プレスリリース]

商品イメージ龍が如く5 夢、叶えし者
発売日:2012-12-06
参考価格:¥ 6,912

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。