『テイルズ オブ』シリーズ全世界累計出荷本数1500万本突破


バンダイナムコゲームスは、『テイルズ オブ』シリーズの全世界累計出荷本数が日本時間2012年12月4日に1500万本を突破したことを明らかにした。


株式会社バンダイナムコゲームスが1995 年より発売したロールプレイングゲーム『テイルズ オブ』シリーズの全世界累計出荷本数が2012年12月4日(日本時間)、1500万本を突破しました。11 月1 日に発売した最新作PlayStation(R)3 用ソフト「テイルズ オブ エクシリア2」の販売も好調で、48万本を出荷。また、2013年春にはPlayStation(R)Vita 用ソフト「テイルズ オブ ハーツ R」を発売予定です。
『テイルズ オブ』シリーズは、1995 年の家庭用ゲームソフト「テイルズ オブ ファンタジア」以来、単なる勧善懲悪ではなく敵対する存在にも正義があるという「共存」というテーマがシリーズを通して描かれ、タイトルごとに込めたお客様に伝えたいメッセージ、アクション性の高いバトルシステムが多くのお客様に支持されています。
また『テイルズ オブ』シリーズは、家庭用ゲームに加え、ソーシャルゲームやスマートフォン向けアプリ、PC ブラウザゲーム、グッズなど多岐にわたって展開。さらに、シリーズの声優陣が集まるファンイベント「テイルズ オブ フェスティバル」の開催や、株式会社ナムコの「ナムコ・ナンジャタウン」とのコラボレーションイベントを実施するなど、さまざまな切り口でお客様にお楽しみいただいております。
■『テイルズ オブ』シリーズ 統括プロデューサー 吉積信のコメント
この度、『テイルズ オブ』シリーズが全世界累計出荷本数1500 万本を突破しました。1995 年の発売から16 年『テイルズ オブ』シリーズを手掛けてまいりましたが、ここまでこれましたのも、応援いただきました皆様、またご協力いただきました皆様のおかげだと思っております。本当にありがとうございます。11 月1 日に発売した最新作「テイルズ オブ エクシリア2」も多くの皆様にご好評いただいており、次の20 周年に向けて引き続きフルスロットルで頑張っていきたいと思います。
また、12 月中旬には株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの「d ゲーム™」向けに「テイルズ オブ キズナ」を配信、2013年春にはPS Vita 向けソフト「テイルズ オブ ハーツ R」を発売予定です。今後もより多くの方々に喜んでいただけるタイトルを世に送り出せるよう日々精進してまいりますので、これからも『テイルズ オブ』シリーズをよろ
しくお願いいたします。


コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。