PS Vita システムソフトウェアVer.2.00で不具合が発生


ソニー・コンピュータエンタテインメントは、2012年9月20日から配信開始されたPS Vitaのシステムソフトウェア バージョン2.00ですが、PlayStation Plus加入者のサービス「セーブデータお預かり(オンラインストレージ)」に不具合があることを発表した。

PlayStation®Vita システムソフトウェアVer.2.00における一部機能に関するお知らせ
現在PlayStation®Vitaにおきまして、PlayStation®Plus加入者様向けのサービスである「セーブデータお預かり(オンラインストレージ)」のうち、自動でインターネットに接続しセーブデータの保存を行う機能が正常に動作しないことが確認されております。
当社におきましては、この症状を早急に改善すべくシステムソフトウェアのアップデートの準備を進めております。
なお引き続き、[コンテンツ管理]メニューから手動でセーブデータを保存していただくことは可能です。
ご利用の皆様には大変ご不便をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。